モーちゃん静岡へ

昨日、雨の中PawAidのTakaさんの車に乗せていただき、名甫さんと3人で2時間ちょっと高速道路をとばして、モーちゃんの新しいお家へと向かいました。

高速道路を下りて、ナビと地図を見ながらキョロキョロ....
このあたりだと思うんだけど...
あ、あそこだ!  窓にステンドグラスが施された、素敵なお家を発見!
モーちゃんの里親さまは、ステンドグラスの作家さんです♪




「モーちゃん着いたよ〜」

車を降り、私はキャリーバッグを担いで、門から玄関先までの敷石をいそいそと歩いて行きました。
そして、玄関の扉が開けられるのと同時に、 私が最後の敷石を踏んだ時、現れた里親さまの正に目の前で、ひゃ〜〜〜!なんと、ツルンっと滑って、転んでしまいました。
あー  ビックリした〜〜〜(汗) 

実はこの日、転んだのは2度目。
自宅を出発する時のこと。Takaさんと名甫さんが車で迎えに来てくれて待たせていたので、私はアパートの階段を急いで降りて行ったのですが、あと残り5段というところで、ブーツのヒールが滑ってしまい、真っ逆さまに落ちてしまいました。まさかの階段落ちです(;_;)
ハッと気づいたときには、タイル貼りのエントランスの床の上に突っ伏しており、あまりのショックにしばらく起き上がれませんでした、、、
左手に持っていた紙袋は逆さになって中身が散乱しており、右肩に掛けていた、モーちゃんを入れたキャリーバッグは私よりも向こうの方に飛んでっていました。

不幸中の幸い、帆布のしっかりしたキャリーバッグがクッションになったおかげで、モーちゃんは無事でした。私も左手に擦り傷を負ったくらいで外傷はありませんでした。
それにしても痛かった....

話が逸れてしまいましたが、里親さま宅へ、とりあえず到着〜
中へ入ると、本当に立派なお宅です。ステンドグラスの作品や骨董が飾られ、年代物の和箪笥が置いてありました。
キャリーバッグから出た モーちゃんは早速お家の探検へ。

「ねー、あっちも行ってみていい?」

と、最初のうちは私たちのいるお部屋にちょこちょこ戻ってきていたのですが、初体験の階段も、知らぬ間に登ってって2階のお部屋へ入って行ってしまいました。
e0079270_17324334.jpg
e0079270_17332773.jpg私は、娘を嫁に送り出す母親の気分でしたが、これで一安心。
たぶん、モーちゃんはこのままもう二度と私の家へ帰ってくることはないでしょう。

これまで私は、いつも モーちゃんを抱っこして

「ねえ モーちゃん。モーちゃんは〜、モーちゃんだけを可愛がってくれる、やさしいご家族のところに行こうね!!素敵なお家に行こうね!!!」

と何度も繰り返し話してきましたが、私の想像以上に素敵なお家で、動物が大好きな優しくて明るく朗らかなご家族にめぐりあうことが出来ました。
良かった〜 モーちゃん幸せになってね。

------------------------------------------

モーちゃんを送り届け、夕方、家へ戻ってくると、ミカンが

「ねーちゃん、モーちゃん、おかえり〜」

と駆け寄り、出迎えてくれました。
下ろしたキャリーバッグを早速ガサゴソとやってみましたが、中からモーちゃんは出てきません。

「ねーちゃん、モーちゃんが居ないよ。。。モーちゃんどこ行ったの?」

留守番をしてくれていた相方が言うには、ミカンはお昼ごろになって私とモーちゃんが居ないことに気づき、心配して家中を探し回っていたそうです。帰りを待ちわび、ようやく帰ってきたと思ったのに.....
ミカンはとっても落ち込んでいました。

出発の前夜(土曜日の晩)、私と相方は出かけていて帰宅が遅くなったのですが、戻ってみると床にフリーズドライのササミ(ミカンたちのおやつ)が沢山散らばっていてもの凄いことになっていました。
私たちの留守中、どうやら二匹で送別会をしていたようです(笑)
そんなことがあったので

「ミカン、昨日モーちゃんの送別会でササミパーティーやったんでしょう?」

と聞いてみたのですが、ミカンはそんなつもりじゃなかったそうです。

「ミカンはモーちゃんと、そんなに仲良しじゃなかったんじゃないの?
いつも ウザイな〜って言ってたじゃん。。。」

というと、悲しそうに

「でも  友達だったもん(涙)...」

と言っているみたいで、
なんだか かなしい〜顔をして、ひどく落ち込んでいました。^^;
案外、付かず離れずの いいコンビだったようです。

また今度、新たにリハビリに来る子がいると思うから、
その時はミカンちゃんまたお願いね〜

e0079270_12121957.jpg


今日になって、昨日階段から落ちたときの打ち身で全身が痛いです。。。
[PR]
by atelier_Lapine | 2010-03-08 16:06 | 日記